Top > NISAの最新情報 > NISAでは実質損失がでても税金がかかる場合がある!?

NISAでは実質損失がでても税金がかかる場合がある!?

NISA(ニーサ)の注意点、デメリットとして言われることのひとつに「損失はないものとされる」ということがあります。以前「NISA(ニーサ)の注意点とデメリット」でもチラッと触れましたが、具体的にどういうデメリットがあるのか?説明します。

NISAでは、年間100万円まで投資できます。これがいくら値上がりしていくら利益がでようが、5年間は売却益は非課税です。お得ですね。しかし、逆に損した場合はどうなるのか?

NISA口座での損失はないものとされるので、他の利益との損益通算や、課税口座では使える「3年間の損失の繰越控除」が使えません。

それよりも問題なのは、損失がでたときに、さらに5年間の非課税の適用を受ける場合です。NISAでは買付から5年目の年末までは、売却益や配当金等が非課税になります。仮に、1年目に100万円投資したものが、5年目に80万円になっていたとしましょう。

20万円マイナスになっている「含み損」の状態なので、売らないことに決めました。NISAでは5年目の年末までに売らない場合、特定口座や一般口座などの課税口座へ移管するか、さらに翌年の非課税枠を利用するかを選べます。

問題は、どちらに移すにせよ、そのときの時価が取得価格とされてしまうということです。上記の場合だと、80万円が取得価格です。このあと値上がりして100万円になったときに売った場合どうなるのか?

なんと、20万円(100万円-80万円)が利益とみなされてしまうのです。もし課税口座に移していれば、20万円の20%で4万円の税金がかかる計算です。100万円で買って100万円で売ったので実質プラスになっていないにもかかわらず、利益とみなされて税金がかかってしまうのです。

上記の例は100万円が100万円に戻ったケースですが、実際には90万円までしか戻らないこともあるかもしれません。その場合は、損失がでていても税金を払わなければいけないということになります。

実質的に損失がでたとしても場合によっては利益とみなされて、結果不利な取引になってしまう。NISA(ニーサ)ではこのようなことが起こることもあるので、認識しておきましょう。

この記事は2013年10月27日 12:53に書かれました。

NISAの最新情報

NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)のニュース・最新情報です。制度内容や証券会社の取扱内容の変更などを紹介しています。
関連エントリー