Top > NISAの概要 > NISAのメリットとデメリットは?

NISAのメリットとデメリットは?

Q. NISA(ニーサ)のメリットとデメリットは?

A. メリットとしては下記のものがあります。

  • 株式や株式投資信託の譲渡益(売却益)が、買付した年を含めて5年目の年末までに売却すれば非課税になる
  • 株式の配当金、株式投資信託の分配金が、買付した年を含めて5年目の年末までは非課税になる(配当金は、受取方法を比例配分方式にする必要あり)

デメリットとしては下記のものがあります。

  • NISA口座の売却益や配当金等と、課税口座の売却益や配当金等との損益通算ができない
  • 課税口座では使える、損失の3年間の繰越控除がNISA口座では使えない
  • 非課税期間がおわり、課税口座へ株式等を移したあと売却したときに、思っていた以上に税金がかかる可能性がある

デメリット3つめについて補足します。たとえばNISA口座で100万円で買った株式が5年目になっても値下がりしていて、その時点での評価額が80万円になっていたとします。損失がでているので売却せず、課税口座に移したとします。

課税口座に移したあと株価が上がり、110万円になりました。最初から課税口座で買付していれば利益は10万円(110万円-100万円)ですが、NISA口座から移した場合は、移した時点の評価額が課税口座での取得コストになるため、利益が30万円(110万円-80万円)になり、実際の利益以上になります。

そのため、税金もその分多くかかってしまうのです。また、仮に110万円まで上がらず90万円どまりだった場合、その時点で売却すると、実際は損失なのに利益10万円(90万円-80万円)がでた計算になるのです。

このようなデメリットもあることを認識しておきましょう。

この記事は2013年8月30日 23:18に書かれました。

NISAの概要

NISA(ニーサ)の概要、基本事項にかんするQ&Aです。少額投資非課税制度とは何か?ということについて具体的に知識を身につけましょう。
関連エントリー